[FT]米金融街の私設取引所に透明性を(社説) 


2014/6/27 14:00

コンピューターを駆使した超高速取引(HFT)はミリ秒単位で株式市場の取引を実行できる。規制当局はここに来てようやく、HFTの活動やそうしたサービスを提供する投資銀行に目を向け始めた。

銀行やトレーダーにとって最も利益を上げられる場所の一つが「ダークプール」と呼ばれる私設取引所だ。ウォール街の金融大手の一部が社内に開設しており、利用者は匿名で株取引ができ、売買価格は取引成立後に公表される。ダークプールの売買高は今やニューヨーク証券取引所(NYSE)を上回る。

バークレイズの社内向けメールが公開された。シュナイダーマン氏は同行に対し訴訟を起こした(25日、ニューヨーク)=AP
画像の拡大

バークレイズの社内向けメールが公開された。シュナイダーマン氏は同行に対し訴訟を起こした(25日、ニューヨーク)=AP

 

市場価格を不安定にすることなく機関投資家の大規模な株取引を容易にするという当然のニーズから生まれものだが、ダークプールが一定の利益相反をもたらすことはかねて認識されてきた。

銀行は顧客の注文をダークプールに取り込むことで大きな商業的利益を得られるが、人目に触れない場所で行われる活動を厳しく監視しようという動機は乏しい。また、本音では必ずしも顧客の利益を優先するわけではない。

シュナイダーマン米ニューヨーク州司法長官の提起した疑惑が正しければ、英バークレイズは特にそうした誘惑に弱かったことになる。自ら運営する私設取引所を米市場で最大規模のダークプールに育てようとしたバークレイズは、顧客からの注文を無差別に「バークレイズLX」に誘導した疑いがある。その一方で、バークレイズは最も攻撃的な戦略をとるHFT業者をここに呼び込み、優遇した。

こうした行為はそれ自体が疑惑に満ちているが、提訴を二重に重いものにしているのは、バークレイズのやり方が、顧客に与えていた保証と矛盾するということだ。

バークレイズは「透明な」ダークプールを運営するという自己矛盾をはらむ約束をかかげ、注文を操作するようなHFT取引業者について、顧客がそうした業者を特定することができて、取引相手から除外できるようなシステムを構築したと主張していた。さらに同行は「有害な」HFT戦略への関与が判明した場合、ダークプールへのアクセスを停止すると約束していた。

■技術革新に監督体制追いつかず

だが、司法長官の提訴はいずれの主張についても実態を暴くだろう。バークレイズは約束通りにダークプールを運営せず、「有害な」取引業者を容認し、顧客の注文をつけ合わせる相手が分かるはずのシステムを「無効に」していた疑いがある。さらに、約束違反を取り繕うため、おそらくは市場関連資料やリポートを改ざんしていたとみられる。

バークレイズは提訴に対する正式な反応を示していないが、同行にかけられた疑惑は極めて重大なものだ。少数の銀行員による不正行為という問題ではなく、経営陣が策定して実行したビジネス戦略の産物であり、ごく最近まで取引が行われていた。疑義の正しさが証明されれば、バークレイズの株主に罰金を科すだけでは十分でない。これに関与した個人が責任を問われるべきだ。

ウォール街で大規模なダークプールを運営するのはバークレイズだけではない。米市場には約50の私設取引所が存在する。非常に短期間に急成長したため、技術革新に市場の監督体制が追いつかず、投資家が不利益を被ることになった。

米当局がついに問題点に気づいた。シュナイダーマン氏は米国の証券取引所や他の取引所がHFT業者を不当に優遇しているのではないかという調査に乗り出した。米証券取引委員会(SEC)はダークプールに情報開示を義務づけようとしている。

こうした取り組みは歓迎される。株式市場はトレーダーの遊び場ではなく、個人投資家が貯蓄を運用する場所だ。規制当局が現実を踏まえた対応をするためには、プロではない投資家が参加する場所であることに留意すべきだ。

(2014年6月27日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

(c) The Financial Times Limited 2014. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2701R_X20C14A6000000/

 

Advertisements

About Uy Do

Banking System Analyst, former NTT data Global Marketing Dept Senior Analyst, Banking System Risk Specialist, HR Specialist
This entry was posted in editorial, opinions, Word economy and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s